ピルはピルでも低用量ピルが良い理由

低用量ピルの画像

低用量ピルの具体的な副作用

低用量ピルは、女性がみずから選択をして避妊ができるという意味で画期的な医薬品で、わが国でもしだいにその有用性が認められてきています。この低用量ピルは、基本的には1日に1錠ずつを飲むことによって、成分として含まれている卵胞ホルモンと黄体ホルモンのはたらきをする物質によって、体内のホルモン濃度が一定に保たれるようになり、その結果として、性行為があっても妊娠をしないような体になるのです。ただし、この低用量ピルを服用した際には、ある種の副作用が発生する場合がありますので、いちおう確認をしておいたほうがよいといえます。具体的にどのような副作用があるのかですが、多いものとしては、吐き気、嘔吐、頭痛、下腹部痛、不正出血などといったものが挙げられます。これらは症状としてはそれほど重いとまではいいきれないものですが、吐き気などは人によっては不快で耐え難い場合もあります。こうした吐き気などの症状については、基本的に低用量ピルを飲み始めの時期におこりやすいもので、数日から数週間程度もすれば、しだいにおこらなくなるものといえます。いっぽう、タバコをむやみに吸っているような女性については、血栓症の副作用についても気をつける必要があります。これは血液のかたまりが血管をふさいでしまうという症状であり、場所によっては肺や脳といった重要な臓器に至る血管が阻害されてしまうことがありますので、重い副作用に含めるべきものといえます。通常、低用量ピルを産婦人科などで処方されるにあたっては、事前の問診があり、タバコをどの程度吸っているかなどについても申告させられるはずでのすので、副作用防止のため、医師の指示にしたがったほうがよいでしょう。

低用量ピルは月に換算するとどれくらい費用がかかる?

少しでも確実な避妊効果が欲しい場合、低用量ピルを選択する人も多いでしょう。低用量ピルとは、名前の通り低い濃度の成分を配合したピルのことで、医師の指示通りきちんと服用すればほぼ100%の避妊効果を得ることができます。成分の濃度が低いため、女性の体への負担が少なく、頭痛や吐き気といった副作用の発生を抑えたり症状が軽くて済むというメリットがあります。低用量ピルは効果も高く、注意点としては飲み忘れをなくすということだけの手軽な避妊法なので若い世代にも手を出しやすいものです。ただ、国内でピルを手に入れるには婦人科で医師の診察を受ける必要があります。数ヶ月分まとめて処方してくれるクリニックもありますが、基本的には毎月通って診察や健診を受け、1月分ずつ処方してもらうことになります。こうなると気になるのが、月にいくらくらい費用がかかるのかということでしょう。具体的には、まず処方してもらうために病院にかかる費用が必要になります。診察料は1000円程度で済むことがほとんどですが、初めて受診するクリニックの場合には初診料が2000円から3000円ほどかかることもあります。また、ひと口にピルと言ってもメーカーごとに様々な商品が販売されており、クリニックがどの銘柄を使っているかによって費用も異なります。ピルの代金はクリニックが自由に決めることができるため、1000円のクリニックもあれば4000円近くする場合もあります。診察台と合計すると、約2000円から7000円ほどとクリニックによってかなり費用に差が出ます。もしピルを使いたいと思っている場合は、まず近所のクリニックに診察代金やピルの料金などを問い合わせてから決めると良いでしょう。

低用量ピルは、避妊以外のメリットが豊富にある!

低用量ピルは、規則的に服用していれば、ほぼ100パーセントに近い、すぐれた避妊効果を発揮することができる医薬品であり、女性にとってはなくてはならないものといえます。この避妊というメインの効果に対して、医薬品としての承認そのものにはかかわらないものの、実際には他にも身体に対してプラスの効果があらわれることがあり、これを副効用と呼んでいます。婦人科などのクリニックのなかには、避妊という効能に加えて、この副効用のメリットを意識して、処方をするところもあるようです。低用量ピルの副効用としてまず知られているのは、体内のホルモンバランスを安定させるというものです。低用量ピルには、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンのかわりをする合成物質が含まれているため、これを毎日服用することで、しぜんと体内のホルモンの量が一定となり、ホルモンバランスが調整されることになるというわけです。その結果として、はげしい生理痛が軽減されたり、生理不順が改善されたり、生理前だけ気分が重かったり、腹痛などの症状になやまされるという月経前症候群の症状が緩和されたりといった、うれしいメリットがあるのです。そのほかにも、卵巣がんにかかるリスクを低減させたり、子宮体がんにあるのを予防したりといった、女性に特有のがんに対して影響を与える副効用というのも知られており、こうしたものは短期間の服用か、それとも長期間にわたる服用かによっても、効果のほどが違ってくるということもわかっています。さらには、ホルモンバランスがととのうことによって、顔などのニキビ、肌荒れが起こりにくくなるといった副効用にも期待がもたれているところです。