低用量ピルの画像

低用量ピルで抜け毛が?副作用のリスクも忘れずに

現在避妊目的で主に使用されている経口避妊薬は、ホルモン含有量の少ない低用量ピルは最もポピュラーです。ホルモン濃度が引くために副作用が出にくいとはされていますが、それでもやはり頭痛や吐き気などの症状が現れる人も珍しくありません。しかし、女性にとって忘れてはならない副作用として、他に抜け毛というものもあるのです。

なぜ避妊薬を飲んで髪の毛が抜けてしまうのか不思議に思う人も多いでしょうが、これは低用量ピルに含まれているホルモンが影響しています。髪の毛などの体毛は、男性ホルモンの一種であるアンドロゲンという物質が作用することで成長します。ピルを飲むとこの男性ホルモンを抑制する効果があるため、抜け毛が増えて新しい毛が生えにくくなるため、薄毛が目立ってしまうというケースもあります。また、ピルを飲むことで強制的に体内のホルモンバランスが崩れることになります。女性の体はホルモンの影響を非常に受けやすいので、本来のバランスから乱れてしまえば抜け毛が発生しやすくなるのです。また、ずっと服用していた人が急に使用を止めると、急に髪の毛が抜け始めるというケースもあります。これは、ピルによって補給されていたエストロゲンという女性ホルモンの量が急激に低下してしまったことが影響しています。エストロゲンには髪の毛の成長を活発にさせる作用があるため、この量が減ると成長が出来ずに抜け落ちてしまうのです。

このように、低用量ピルを服用することで髪の毛に副作用が出るという可能性も忘れないようにしましょう。抜け毛が気になるからといって、自己判断で飲む量を減らしたり一時中断したりすると、確実な避妊効果が得られなくなるので注意が必要です。