低用量ピルの画像

低用量ピルのトリキュラーとルナベルは目的が異なる

女性特有の症状で苦しんでいる方はピルを服用してみるのも1つの方法です。月経サイクルが整わない、痛みがひどい、月経の頻度が多いもしくは少ないなど、その背景には女性ホルモンや女性機能も低下や乱れがあります。なかなか普段の生活習慣だけでは改善できないことも多く、ピルに含まれるホルモンを利用して整えることが有効です。でも、薬でいじってしまうと、急なホルモンの増減に体がついていけず副作用が気になる、怖いと思う方もいるでしょう。そんな方にはその反動が少ない低用量ピルから始めると体の負担も少なくて良いでしょう。低用量ピルにもいろいろな薬がありますが、良く処方されるトリキュラーとルナベルを比較してみましょう。トリキュラーは低用量ピルの代表的なピルで、日本人の体質に合っていると言われています。ルナベルも低用量ピルとして取り扱われることが多くなっています。どちらも女性ホルモンに似た成分が配合されているので、体が妊娠の時のホルモンと同様になるので、月経が起きなくなります。成分が含まれない偽のピルを飲むと出血が起こります。また、1日1錠を服用して、その後は24時間後に服用するのはどちらも同じです。ただ、トリキュラーは月経困難症や子宮内膜症など婦人病の改善と避妊にも使えるのに対して、ルナベルは婦人科の症状だけで避妊目的では使えません。使う目的を月経困難症など婦人科系の症状として開発、発売されているので、それ以外の目的で使用しても効果を補償はできません。また、ホルモンに似た成分の配合量もトリキュラーは3段階でだんだんと多くなるようになっています。ルナベルはずっと同じ量含まれた錠剤です。良くトリキュラーは3相性、ルナベルは1相性とあらわされます。目的も配合量も異なりますので、処方の際に医師に相談すると良いでしょう。