低用量ピルの画像

低用量ピルの入手を希望する場合

低用量ピルは、避妊を効果効能とする医薬品であり、毎日1錠を1回だけ服用することによって、女性の側が主体的に避妊をすることができるという、手軽で便利な特徴をもつものです。かつては避妊目的での使用は性感染症の拡散などを懸念した政府によって認められていませんでしたが、現在では避妊目的の解禁が行われているため、さまざまな銘柄のものが登場しています。また、低用量ピルというのは、以前の中用量ピルなどとは違って、卵胞ホルモンのような女性ホルモンの分量を少なくしていることから、吐き気、頭痛、下腹部痛、頭痛のような副作用が起きにくいということも、メリットとして挙げられるものです。
低用量ピルの入手を希望する場合には、通常は婦人科などを訪れることになりますが、その際には、通常は問診や血圧測定などのかんたんな検査だけで、内診などを省略して処方してもらえることもあります。ただし、いずれにしても、国内で低用量ピルを入手するためには、法律上、医師の処方せんが必要となってきますので、街なかの薬局などで気軽に購入できるものではありません。
問診の際に問われる質問のなかには、タバコを吸っているかどうかや、その本数がいくつくらいになるかといったことが含まれていることがあります。これは、低用量ピルが血栓症の副作用をもたらす可能性があることと関連しています。血栓症というのは、血液のかたまりが毛細血管などに詰まって血管を閉鎖してしまうという症状のことです。タバコを吸っている場合、血管が収縮して細くなるため、血栓症のリスクがより高まると判断されます。そのため、場合によってはですが、低用量ピルの入手を希望していても、医師の判断により処方してもらえないこともあります。