低用量ピルの画像

低用量ピルの影響と服用再開の場合について

低用量ピルというのは、避妊を主たる目的としてつくられた錠剤であり、中身としては、黄体ホルモンと卵胞ホルモンとよばれる、ふたつの女性ホルモンの作用をする物質が含まれているものです。このような低用量ピルは、毎日1錠を、1日1回のペースで服用することによって、避妊の効果が発生するようになっており、基本的には生理のあった初日、場合によっては生理のあった初日からもっとも近い週末などといった日が、低用量ピルの服用開始日となります。
低用量ピルを服用した場合、女性ホルモンの影響によって、排卵がなくなったり、子宮内膜が厚く成熟するのが防がれたりといった、身体的な変化が生じますので、これが避妊という結果を生むのに役立ちます。逆にいえば、こうした継続的な服用を途中で中止すれば、やがて効果がなくなるため、もとのように妊娠することができるようになるという点も、多くの女性から支持されている理由であるともいえます。
それでは、いったん服用を中止したあとで、ふたたび避妊がしたいために服用を再開するということが認められるかといえば、これもいくらでも認められます。ただし、この場合についても、生理周期をきちんと把握した上で、生理のはじまった初日からという原則にしたがって、服用を再開するようにします。また、念のために、服用後しばらくは、コンドームなどの別の避妊方法と併用をして、万が一にも避妊に失敗しないようにするということもたいせつであるといえます。
こうした低用量ピルは、医師の処方箋を必要とする処方箋医薬品に該当しているため、入手したい場合には、もよりの婦人科などを訪れて、医師の問診などを経た上で処方してもらうことになります。